料理人一覧

バンコク屋台 カオサン渋谷宮益坂店
料理担当取締役
味澤ペンシー
レシピ紹介『ちょい足しでリッチな味わいのマッサマンカレー』
「カノワン マッサマンカレーペースト」は、辛味とコクのバランスがとても良く、使いやすいですね。今回は、さらにリッチな味わいに仕上げたかったので、「ピーナツペースト」を加えました。...
▶ 店舗紹介
kitchen
オーナーシェフ
鈴木珠美
レシピ紹介『サクサク&モッチリ
エビの松笠揚げ風フライ』
ライスペーパーを使った揚げ物はベトナムにもありますが、今回は和食のあられ揚げをヒントに、細かく切って衣にするひと手間をかけ、目新しさのある食感に仕上げました。ライスペーパーの衣...
▶ 店舗紹介
ティオ ダンジョウ
オーナーシェフ
檀上桂太
レシピ紹介『「タライ・ベリ チャコリワイン」と楽しむピンチョス3品』
チャコリは、バスク地方の地酒でどちらかというとカジュアルなイメージがありますが、「タライ・ベリ チャコリワイン」は、チャコリらしいすっきりと爽やかな味わいの中にバランスの良さと高...
▶ 店舗紹介
ビストロ・シンバ
オーナーシェフ
菊地佑自
レシピ紹介『きのこたっぷりロールキャベツ 韓国だしスープ』
「化学調味料無添加の韓国だし」は、牛肉のうまみが強くしっかりした味わいが魅力です。肉や野菜のうま味を引き立てつつ、より印象的なうま味を生み出すはたらきがあるので、ロールキャベツ...
▶ 店舗紹介
バル デ エスパーニャ ムイ
料理長
葛西慎太郎
レシピ紹介『ファバーダ~アストゥリアス地方の伝統的な煮込み料理~』
「ファバータ」には、通常はタマネギをじっくり炒めて作る「ソフリット」を使うのですが、「MC フライドオニオン」を使うことで調理の手間や時間を短縮でき、手軽にコクを出すことができ...
▶ 店舗紹介
szechwan restaurant陳
料理長
井上和豊
レシピ紹介『青海粉絲煲 ~ワタリ蟹と春雨の塩味煮込み~』
「蝦油」のような香味油は、四川料理でよく使う欠かせない調味料の一つです。一般的には香りづけとして仕上げに加えることが多いですが、今回のようにスープとしっかり乳化させると、スープ...
▶ 店舗紹介
チャイニーズレストラン 欣喜
オーナーシェフ
青木欣也
レシピ紹介『海老の紙包み揚げ』
「化学調味料無添加のえびだし」は、まさに「素材本来の風味を際立たせることができる」だし。香ばしい磯の風味と凝縮されたうま味が魅力で、エビに加えることでより一層味に深みが出ます。...
▶ 店舗紹介
アンビグラム
オーナーシェフ
伊沢浩久
レシピ紹介『マイワシの揚げ漬け オイスター風』
「化学調味料無添加のオイスターソース(国産カキエキス使用)」の味わいは、イタリアの調味料でいうとバルサミコ酢やヴィンコットをイメージさせるものでした。加熱せずに使用できるので、酸...
▶ 店舗紹介
レストランサカキ
シェフ
榊原大輔
レシピ紹介『水ナスとトマトとショウガのサラダ』
「MC セパレートフレンチドレッシング」は、とても安心感のあるオーソドックスな味わいなので、様々な野菜とよく合います。そのまま野菜にかけてもおいしいですが、野菜のジュの甘味や酸味...
▶ 店舗紹介
モルソー
オーナーシェフ
秋元さくら
レシピ紹介『ブロッコリーのプチパン~エビの香りをのせて』
エビとブロッコリーは、グラタンにしても塩味で炒めてもおいしいですよね。あの黄金バランスの味をパンで再現できるのも、「化学調味料無添加のえびだし」があればこそ。いろんな使い方が可...
▶ 店舗紹介
さぬきや
店主
近藤康浩
レシピ紹介『オイスターシューター~和風ピリ辛トマト餡~』
「化学調味料無添加の和風だし」は、かつおと昆布の深みのある味わいが生きているのが魅力です。今回は、夏場にぴったりの前菜として、生ガキを合わせてみました。生ガキのミルキーな味わい...
▶ 店舗紹介
割烹 船生
店主
船生宜之
レシピ紹介『アサリと大根、三つ葉のあごだし浸し』
日本料理は“カツオと昆布のだし”というイメージが強いですが、シンプルな野菜のお浸しに魚のアラでとっただしとカツオ、昆布などのだしを合わせて使ったり、干し貝柱や椎茸を合わせて濃厚な...
▶ 店舗紹介
il tram
オーナーシェフ
川邊 亮祐
レシピ紹介『ポワローのアグロドルチェ』
甘酸っぱい味付けには、煮込むと甘みの増すポワローがベストですが、長ネギやタマネギを代用してもよいでしょう。時間に余裕があるときは、煮込んだ後に一晩寝かせたほうが味がポワローにな...
▶ 店舗紹介
ENGINE
オーナーシェフ
松下和昌
レシピ紹介『芝エビと九条ねぎの中華おやき』
美味しいエビのかき揚げを作りたいと思い、中華風にアレンジした1品です。かき揚げを上手に揚げるのは技術的に難しいので、多めの油で揚げ焼きにすることで失敗の少ないレシピを考えました。...
▶ 店舗紹介
Sign 代官山
シェフ
小野田健吾
レシピ紹介『エスニックミネストローネ』
「MC ポテトシーズニングガパオ」は、パクチーやバジル、唐辛子が効いていてパンチのある味わい。トマトと相性が良いので、今回はミネストローネをエスニック風にアレンジしてみました。鶏肉...
▶ 店舗紹介
お好みたまちゃん 青山店
マネージャー 
間々田幸士
レシピ紹介『ささみと春菊の和え物』
コンソメなどの顆粒調味料をサラダやマリネの下味として使う発想で、「化学調味料無添加の韓国だし」を和え物の下味として使用しました。コンソメの場合、調味料の味が前面に感じられること...
▶ 店舗紹介
乃木坂 しん
店主
石田伸二
レシピ紹介『彩り野菜の揚げ浸し』
「化学調味料無添加のえびだし」は、バランスの良いうま味が特徴です。野菜の甘みとも相性が良いですね。私は、野菜を炊くときにうま味をプラスするために干しエビを加えることがあるのです...
▶ 店舗紹介
の弥七
オーナーシェフ
山本眞也
レシピ紹介『の弥七風 だし巻玉子』
だし巻玉子には、通常はお店でとっているスープをたっぷりと含ませて作りますが、「化学調味料無添加のガラスープ」を使えば、誰でも手軽に安定した味を作ることができます。さらに、焼く時...
▶ 店舗紹介
アガリコ
店長
飯泉 温子
レシピ紹介『ラムの水餃子』
「パクチーペースト」の濃厚な香りを生かし、ラム肉の下味に使うことでラム肉が苦手な人にも食べやすい味わいに仕上げました。食べごたえのある餃子にするため、生地は1個20gずつ使用しボリ...
▶ 店舗紹介
海鮮名菜 香宮
料理長
篠原裕幸
レシピ紹介『海老スープおこげ』
「化学調味料無添加のえびだし」は繊細な味わいで、醤油などと合わせるとせっかくのエビの風味が負けてしまうように感じました。そこで、淡白なトウガンを組み合わせ、さらにボイルしたエビ...
▶ 店舗紹介