料理人一覧

ビストロ・シンバ
オーナーシェフ
菊地佑自
レシピ紹介『きのこたっぷりロールキャベツ 韓国だしスープ』
「化学調味料無添加の韓国だし」は、牛肉のうまみが強くしっかりした味わいが魅力です。肉や野菜のうま味を引き立てつつ、より印象的なうま味を生み出すはたらきがあるので、ロールキャベツ...
▶ 店舗紹介
バル デ エスパーニャ ムイ
料理長
葛西慎太郎
レシピ紹介『デザート感覚で食べるサングリア』
「コーディアルラズベリー&ローズ」は、ラズベリーの甘みにほのかにバラの香りがついているので、とても上品なグラニテになりました。赤ワインにフルーツを浸け込んで作る一般的なサングリ...
▶ 店舗紹介
szechwan restaurant陳
料理長
井上和豊
レシピ紹介『青海粉絲煲 ~ワタリ蟹と春雨の塩味煮込み~』
「蝦油」のような香味油は、四川料理でよく使う欠かせない調味料の一つです。一般的には香りづけとして仕上げに加えることが多いですが、今回のようにスープとしっかり乳化させると、スープ...
▶ 店舗紹介
チャイニーズレストラン 欣喜
オーナーシェフ
青木欣也
レシピ紹介『海老の紙包み揚げ』
「化学調味料無添加のえびだし」は、まさに「素材本来の風味を際立たせることができる」だし。香ばしい磯の風味と凝縮されたうま味が魅力で、エビに加えることでより一層味に深みが出ます。...
▶ 店舗紹介
アンビグラム
オーナーシェフ
伊沢浩久
レシピ紹介『鶏ムネ肉の冷製 オイスターソースをきかせたサルサロッサ』
「サルサロッサ」は、通常は赤い野菜と塩のみで作りますが、今回は加熱せずに使用できる「化学調味料無添加のオイスターソース」の特性を生かして隠し味に加え、コクや旨みをアップ。淡白な...
▶ 店舗紹介
レストランサカキ
シェフ
榊原大輔
レシピ紹介『豚ロースのグリル ネギ塩レモンソース』
ガラスープは選択肢がたくさんありますが、「化学調味料無添加のガラスープ」は“無添加”というキーワードが安心感につながります。今回は、ネギ塩ソースのベースとしてうま味をしっかりと出...
▶ 店舗紹介
モルソー
オーナーシェフ
秋元さくら
レシピ紹介『豚バラ肉とリンゴの洋風オイスター丼』
「化学調味料無添加のオイスターソース(国産カキエキス使用)」は生臭さがなく、酸味を生かすためにも加熱せずに使ったのがポイントです。豚バラ肉の甘み、リンゴの甘みと酸味、オイスター...
▶ 店舗紹介
さぬきや
店主
近藤康浩
レシピ紹介『彩り野菜と全粒粉の平打ち麺をブルーチーズで溶いたあごだしで』
「化学調味料無添加のあごだし」の、青魚独特の強烈なアタックはチーズやオリーブオイルなど洋の素材とも相性が良いはず! と感じたことからこのメニューを思いつきました。ポイントは、あ...
▶ 店舗紹介
割烹 船生
店主
船生宜之
レシピ紹介『えび、筍、木耳を包んだ蓮根饅頭えび出汁銀餡掛け』
甲殻類や魚介のだしをおいしくとるためには、一般的には殻や骨を焼いたり、煮出したりと大変手間がかかりますが、「化学調味料無添加のえびだし」は、エビの凝縮したうま味と香りを様々な料...
▶ 店舗紹介
il tram
オーナーシェフ
川邊 亮祐
レシピ紹介『ポワローのアグロドルチェ』
甘酸っぱい味付けには、煮込むと甘みの増すポワローがベストですが、長ネギやタマネギを代用してもよいでしょう。時間に余裕があるときは、煮込んだ後に一晩寝かせたほうが味がポワローにな...
▶ 店舗紹介
ENGINE
オーナーシェフ
松下和昌
レシピ紹介『ワカサギの香味揚げ』
顆粒状の「化学調味料無添加のガラスープ」の特性を生かしたいと思い、ミルで挽いて五香粉や一味唐辛子と合わせ、オリジナルのシーズニングを作り、素材にまぶしてそのまま使えるように仕上...
▶ 店舗紹介
Sign 代官山
シェフ
小野田健吾
レシピ紹介『エスニックミネストローネ』
「MC ポテトシーズニングガパオ」は、パクチーやバジル、唐辛子が効いていてパンチのある味わい。トマトと相性が良いので、今回はミネストローネをエスニック風にアレンジしてみました。鶏肉...
▶ 店舗紹介
お好みたまちゃん 青山店
マネージャー 
間々田幸士
レシピ紹介『エスニック風海鮮ユッケ』
「コチジャン」とマグロの相性のよさから発想し、白身魚やタコなども加えて食べごたえのある海鮮ユッケに仕上げました。隠し味にナンプラーやオイスターソースを加えることで、醤油とは異な...
▶ 店舗紹介
乃木坂 しん
店主
石田伸二
レシピ紹介『アボカドの豚バラ巻き 変わり揚げ』
「化学調味料無添加の貝柱だし」は、やさしいうま味が魚介だけでなく肉とも相性が良いと思います。フランス料理で、“豚肉とカキ”や“鶏とオマール海老”のように肉と魚介を組み合わせる手法が...
▶ 店舗紹介
の弥七
オーナーシェフ
山本眞也
レシピ紹介『チョレギサラダ風老虎菜』
香菜など緑の野菜に唐辛子をしのばせた「老虎菜」は、「年老いた虎であっても、時には狂暴である」という意味がこめられており、見た目はあっさりしたサラダですが、食べると唐辛子の辛味が...
▶ 店舗紹介
アガリコ
店長
飯泉 温子
レシピ紹介『よだれ鶏~エスニック風味~』
「よだれ鶏」は、代表的な四川料理の一つ。今回は、「ガパオソース」やタイのシーズニングソース(ソープーカオ)を使うことで、単に辛いだけでなくハーブの香りを生かした味わいに仕上げま...
▶ 店舗紹介
海鮮名菜 香宮
料理長
篠原裕幸
レシピ紹介『ホタテの煎り焼き 黒胡椒風味のスープで』
黒胡椒醤ブラックペッパーソース」はパンチのある味わいで、炒め物などに加えると手軽にアクセントを加えることができます。とくに海鮮と合わせやすいと感じたので、今回は黒コショウと相性...
▶ 店舗紹介
レストラン カシータ
総料理長
秋田和則
レシピ紹介『牛テールとセロリの“バチナーラ” ごぼうのアクセント ショートパスタ“リガトーニ”で』
ローマの郷土料理「コーダ・アッラ・ヴァチナーラ」は、牛のテールを煮込んだラグーのことで、セロリと合わせるのが定番です。「化学調味料無添加の韓国だし」は牛肉の自然な旨みを凝縮して...
▶ 店舗紹介
Cantonese 燕 KEN TAKASE
料理長
高瀬健一
レシピ紹介『海老と空芯菜炒めのせスープビーフン』
「化学調味料無添加のえびだし」のやさしい味わいを生かすため、あえて他の調味料を加えずに水と塩だけでスープを作り、シンプルなスープビーフンとしました。スープの味を邪魔しないよう、...
▶ 店舗紹介
Craft Beerx Mex-Italian CRAFTSMAN(クラフトマン)
シェフ
坂本 健
レシピ紹介『ジャガイモとアンチョビのグラタン ドゥフィノワ風』
「ドゥフィノワ風」は、東フランス・ドフィネ地方の郷土料理で、たっぷりのチーズにしっかりつけた焼き目が特徴です。具材のメークイン、生クリーム、牛乳、ニンニク、アンチョビソースを3回...
▶ 店舗紹介