料理人一覧

さぬきや
店主
近藤康浩
レシピ紹介『オイスターシューター~和風ピリ辛トマト餡~』
「化学調味料無添加の和風だし」は、かつおと昆布の深みのある味わいが生きているのが魅力です。今回は、夏場にぴったりの前菜として、生ガキを合わせてみました。生ガキのミルキーな味わい...
▶ 店舗紹介
割烹 船生
店主
船生宜之
レシピ紹介『アサリと大根、三つ葉のあごだし浸し』
日本料理は“カツオと昆布のだし”というイメージが強いですが、シンプルな野菜のお浸しに魚のアラでとっただしとカツオ、昆布などのだしを合わせて使ったり、干し貝柱や椎茸を合わせて濃厚な...
▶ 店舗紹介
il tram
オーナーシェフ
川邊 亮祐
レシピ紹介『ポワローのアグロドルチェ』
甘酸っぱい味付けには、煮込むと甘みの増すポワローがベストですが、長ネギやタマネギを代用してもよいでしょう。時間に余裕があるときは、煮込んだ後に一晩寝かせたほうが味がポワローにな...
▶ 店舗紹介
ENGINE
オーナーシェフ
松下和昌
レシピ紹介『豚シャブパクチーサラダ』
「化学調味料無添加のオイスターソース(国産カキエキス使用)」は、コクがありながらもカドのない味わいが特徴。その特長を最大限に生かして、加熱せずにコチジャンと合わせてドレッシング...
▶ 店舗紹介
Sign 代官山
シェフ
小野田健吾
レシピ紹介『アンチョビスイートポテトサラダ』
「MC アンチョビイタリアンドレッシング」は、アンチョビ独特の味わいが効いていてクリーミーでコクがあるのが魅力だと思います。今回は「甘みのある素材とアンチョビ」の相性の良さを表現し...
▶ 店舗紹介
お好みたまちゃん 青山店
マネージャー 
間々田幸士
レシピ紹介『海老とホタテのオリエンタルポテトサラダ』
ポテトサラダはどんな居酒屋でも置いている定番メニューなので、何か個性を打ち出す一工夫ができないかと思い、複雑な旨みのある「食べるラー油」を組み合わせてみました。「食べるラー油」...
▶ 店舗紹介
乃木坂 しん
店主
石田伸二
レシピ紹介『彩り野菜の揚げ浸し』
「化学調味料無添加のえびだし」は、バランスの良いうま味が特徴です。野菜の甘みとも相性が良いですね。私は、野菜を炊くときにうま味をプラスするために干しエビを加えることがあるのです...
▶ 店舗紹介
の弥七
オーナーシェフ
山本眞也
レシピ紹介『の弥七風 だし巻玉子』
だし巻玉子には、通常はお店でとっているスープをたっぷりと含ませて作りますが、「化学調味料無添加のガラスープ」を使えば、誰でも手軽に安定した味を作ることができます。さらに、焼く時...
▶ 店舗紹介
アガリコ
店長
飯泉 温子
レシピ紹介『ラムの水餃子』
「パクチーペースト」の濃厚な香りを生かし、ラム肉の下味に使うことでラム肉が苦手な人にも食べやすい味わいに仕上げました。食べごたえのある餃子にするため、生地は1個20gずつ使用しボリ...
▶ 店舗紹介
海鮮名菜 香宮
料理長
篠原裕幸
レシピ紹介『ホタテの煎り焼き 黒胡椒風味のスープで』
黒胡椒醤ブラックペッパーソース」はパンチのある味わいで、炒め物などに加えると手軽にアクセントを加えることができます。とくに海鮮と合わせやすいと感じたので、今回は黒コショウと相性...
▶ 店舗紹介
レストラン カシータ
総料理長
秋田和則
レシピ紹介『パプリカとツナの詰め物のワンスプーン』
ピエモンテ州は、私の修業地の一つ。当店では、ツナはスペイン産のCUCA社、アンチョビはELITE社などいずれもトップブランドの素材を使い、バローロのヴィネガーを使ったドレッシングと和えて...
▶ 店舗紹介
Cantonese 燕 KEN TAKASE
料理長
高瀬健一
レシピ紹介『豚肉とキャベツ炒め 酒醸紹興酒玉葱ソース』
伝統的な中国の調味料である酒醸はお店でも取り入れていますが、この「酒醸(チューニャン)紹興酒入」は、酒醸ならではの発酵した甘い香りや紹興酒の風味など、これひとつで複雑な味わいを...
▶ 店舗紹介
Craft Beerx Mex-Italian CRAFTSMAN(クラフトマン)
シェフ
坂本 健
レシピ紹介『ジャガイモとアンチョビのグラタン ドゥフィノワ風』
「ドゥフィノワ風」は、東フランス・ドフィネ地方の郷土料理で、たっぷりのチーズにしっかりつけた焼き目が特徴です。具材のメークイン、生クリーム、牛乳、ニンニク、アンチョビソースを3回...
▶ 店舗紹介
パクチーハウス東京
店長
牛田うっしぃ
レシピ紹介『ほんのり香るポロポロご飯』
香りのいいジャスミンライス(香米)ですが、さらにユウキ食品「レモングラスペースト」を加えてとびきり香り豊かなご飯に仕上げました。お肉はその香りに負けないように牛肉を使用。牛肉も...
▶ 店舗紹介
グリルツカサ
オーナーシェフ
中山一彦
レシピ紹介『えび風味たっぷりのえびピラフ』
「化学調味料無添加のえびだし」は、とても上品なエビの風味や味わいが出るため、その良さを存分に生かすためにエビピラフに使いました。加えて炒め合わせるだけで、ライス全体にエビの旨み...
▶ 店舗紹介
アガリコ
店長
飯泉 温子
レシピ紹介『アジア風角煮のフリット』
「カオマンガイのたれ」の原材料を見た時に、豚の角煮のたれと似ていることに気づき、さらにスイートチリソースも含まれているため、アジア風のおいしい角煮に仕上がりそうだなと、この料理...
▶ 店舗紹介
宇田川カフェ
店長、シェフ
森 倫子
レシピ紹介『鶏モモ肉の香草パン粉焼き』
「MC モントリオールチキンシーズニング」は、パンチの効いた風味で味もしっかりしているので、鶏肉のほか、豚肉などにもよく合うと思います。今回は、シンプルな鶏肉のソテーに香草パン粉を...
▶ 店舗紹介
ティオ ダンジョウ
オーナーシェフ
檀上桂太
レシピ紹介『チャイニーズミックスパエリア』
「オイスターソース(国産カキエキス使用)」は、深いうま味とコクがあるので料理に加えるだけで満足感のある味わいに仕上げられます。今回のパエリアは、居酒屋の〆にもぴったりの中華風ア...
▶ 店舗紹介
龍圓
オーナーシェフ
栖原一之
レシピ紹介『蒸し鶏の怪味ソース』
鶏肉を使った中国料理というと、棒棒鶏や油淋鶏がポピュラーですが、今回は「怪味ソース」を使って目新しさをプラスしました。「怪味ソース」にも辛味は含まれていますが、仕上げにラー油を...
▶ 店舗紹介
リストランテ アルポルト
シェフ
片岡 宏之
レシピ紹介『白身魚の香草パン粉焼き コチジャン風味』
香草パン粉焼きは、お店でもよく作るメニューの一つ。通常はフレンチマスタードのみを使うところにコチジャンを加え、ピリッとした辛味をアクセントに加えました。コチジャンは、甘み、酸味...
▶ 店舗紹介