この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

鶏むね肉のサラダ仕立て 塩バンバンジー

菰田欣也
szechwan restaurant陳
四川飯店グループ取締役総料理長
店舗紹介

シェフのコメント

加熱するとパサつきやすい鶏ムネ肉は、しっかりと水分を浸透させることがしっとりと柔らかく仕上げるポイントです。今回は、塩味と甘味のバランスがよい「e-Basic塩だれ」を使ってバンバンジー風に仕上げました。塩だれのみで漬け込んでもよいですが、茹で汁やレモン汁など水分をプラスしたほうがより味がマイルドに、全体に行き渡ります。鶏肉は、包丁で切らずに手で細かく裂くのがコツ。表面積が大きくなることで、たれの味が浸透しやすくなります。

【提供価格:1,260円】 【原価:380円】
四川料理で人気の前菜、「棒棒鶏(バンバンジー)」を、「e-Basic塩だれ」で簡単メニューにアレンジ。パサツキがちな鶏ムネ肉ですが、茹でてから手で裂き、「e-Bsic塩だれ」と水分をしっかりと吸わせることでしっとり柔らかく仕上がります。トマトとキュウリを添えて、彩りも美しく提供しましょう。

※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。

[ 協力:エバラ食品工業株式会社 ]

材料(4人分)

鶏ムネ肉
1枚(約300g)
500cc
小さじ1/3
大さじ1
コショウ
少々
▼漬けダレ
e-Basic塩だれ
大さじ2
鶏肉の茹で汁
大さじ2
レモン汁
小さじ1
トマト
1/2個
キュウリ
1/2本
ミョウガ
1個
大葉
2枚

作り方

  • 1.鍋で水を沸かし、塩、酒、コショウを加え、鶏ムネ肉を弱火で5分ほどゆでる。
  • 2.1の鶏ムネ肉は、茹で汁に浸けたまま冷まし、手で細かく裂く。
  • 3.合わせ調味料の材料をボウル(または密封できる保存袋など)に入れ、2を10分ほど漬け込み調味料を充分に吸わせる。
  • 4.トマトは薄くスライスする。キュウリ、ミョウガは細切りにして軽く水にさらす。大葉は細切りにする。
  • 5.皿にトマトを敷いてキュウリ、ミョウガ、大葉を合わせてのせ、3を盛り付ける。

主な関連商品

  • エバラ食品 e-Basic塩だれ