この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

梅とみりんのさっぱりそうめん

吉岡英尋
なすび亭
店主
店舗紹介

シェフのコメント

和食では、みりんは醤油や味噌と並ぶ基本調味料の一つ。全体の味のバランスを取る役割が大きく、普段はみりんそのものの味が表に出ることは少ないのですが、この「三州三河みりん」はとても風味がよいので、みりんを主役にしてみてはどうかと考えました。梅は、酸味と塩気があるのでみりんの甘みと相性がよく、さっぱりとしながらも旨みのある味に仕上がります。また、「化学調味料無添加のあごだし」を使うと、カツオだしとは一味違った味わいが楽しめます。

【提供価格:580円】 【原価:210円】
芳醇なみりんの風味と、梅の酸味を生かしただし汁でさっぱりといただく麺料理。風味豊かな「三州三河みりん」は、冷やしてもみりんの風味をしっかりと感じられるため、冷たいだし汁のような夏向けの料理にも最適です。コクのあるあごだし風味のだしに、みりんと梅のほんのりとした甘酸っぱさが感じられ、すっきりとした後味が魅力です。

※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。

[ 協力:日経レストラン ]

材料(1人分)

そうめん
120g
梅干し
2個
だし
200cc
三州三河みりん
100cc
大根(鬼おろし)
適量
山茶茸(下茹でしてだしに浸けたもの)
適量
ブロッコリー(塩茹でする)
適量

作り方

  • 1.だし、みりん、種をとってほぐした梅干しを鍋に入れて火にかけ、ひと煮立ちさせて冷ます。
  • 2.そうめんは茹でて冷水でしめる。
  • 3.器に2を盛り、大根、山茶茸、ブロッコリーを盛り、1のだしをはる。

主な関連商品