この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

餅とジャガイモの磯辺かき揚げ 

吉岡 英尋
なすび亭
店主
店舗紹介

シェフのコメント

プロの料理人が作るかき揚げは、具材は意外とシンプルなんですよ。このかき揚げの主役は餅。そして、主役の引き立て役が海苔です。海苔を巻いた磯部餅をヒントにこの組み合わせが浮かびました。さらにせん切りにしたジャガイモは、具材同士をくっつける「つなぎ」役でもあり、ボリューム感を出すために加えました。味わいとしても、揚げたジャガイモのうまさは格別ですからね。
揚げ物は仕上がりの色もおいしさのバロメーター。この天ぷら粉「まかせて粉 黄金太閤」は粉の配合がバランスよく、きれいな黄金色に揚がります。外はカラッと、口溶けもよい衣に仕上がりました。

【提供価格:500円】 【原価:102円】
“餅×ジャガイモ×海苔”という珍しい組み合わせのかき揚げです。サクッ&モチモチッとした“食感”と、口中に「海苔」という“磯の風味”が味わえます。
食べ方もひと工夫。干しエビ7:塩3の割合で合わせたものをミキサーで細かくした「エビ塩」を添えるのがおすすめです。ピンク色の変わり塩は旨みがあって、このかき揚げによく合います。

※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。

[ 協力:日本製粉株式会社 ]

材料(1人分)

切り餅
3/4個
ジャガイモ
1/2個
もみ海苔
適量
天ぷら粉
20g
冷水
15g
揚げ油(白絞油)
適量
<エビ塩>
干しエビ
適量
適量
*干しエビ7:塩3 でミキサーで合わせる

作り方

  • 1.餅は、さいの目切りにする。
  • 2.ジャガイモは細かくせん切りにして水にさらす。
  • 3.餅と水けをきったジャガイモをボウルに入れ、打ち粉として天ぷら粉(分量外)を全体にまぶす。
  • 4.衣をつくる。ボウルに冷水と天ぷら粉を入れてよく混ぜ、海苔を加える。
  • 5.3の餅トジャガイモに4の衣を混ぜ合わせる。
  • 6.170度に熱した揚げ油に、かき揚げ用の型を入れ、型の中に5を入れる。
  • 7.30~40秒して具材がまとまってきたら型を静かにはずし、反転させて色づくまで揚げる。
  • 8.器に盛り、変わり塩をつけて提供する。