ココナッツミルクのパンナコッタ

片岡 宏之
リストランテ アルポルト
店舗紹介

シェフのコメント

「ココナツミルク」の独特の風味を生かしたかったので、“ミルク系つながり”でパンナコッタをアレンジしてみました。生クリームを控えめにして、代わりにココナツミルクをたっぷり加えているので、口に入れたときにフワッとココナツの風味が広がると思います。お好みでリキュールをプラスしてもよいでしょう。ソースは、アングレーズやフランボワーズのほか、オレンジやキウイ、マンゴーなど少し酸味があるフルーツのソースがよく合います。

【提供価格:500円】 【原価:100円】
イタリア語で、“クリーム(パンナ)を煮た(コッタ)”という意味のパンナコッタ。本来は生クリーム主体で作りますが、ここでは「ココナツミルク」をたっぷり加えてオリエンタルな風味に仕上げました。アングレーズとフランボワーズの2色のソースで華やかさもプラス。

※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。

[ 協力:ユウキ食品株式会社 ]

材料(5人分)

▼パンナコッタ
ココナツミルク
200g
生クリーム(乳脂肪分45%)
80g
牛乳
20g
グラニュー糖
30g
板ゼラチン
3.5g
アングレーズソース
適量
フランボワーズソース
適量
ミントの葉
1枚

作り方

  • 1.板ゼラチンは氷水で戻しておく。
  • 2.ココナッツミルク、生クリーム、牛乳、グラニュー糖を鍋に入れて火にかけ、沸かす。
  • 3.2に1のゼラチンを加えてよく混ぜ、目の細かいシノワでボウルに漉し入れる。
  • 4.3のボウルの底に氷水をあててしっかり粗熱をとってから、プリン型などに流して冷蔵庫で冷やし固める。
  • 5.できあがったパンナコッタを型から抜いて皿に盛り、周りにアングレーズソース、フランボワーズソースを流し、ミントを添える。