この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

ドライトマト入り変わり鴨まんトマみそがけ

上畑 勝義
京割烹 熊はん
店長
店舗紹介

シェフのコメント

たん熊北店の鴨まんじゅうをヒントにアレンジしました。合鴨ではなく、鶏ミンチやエビなどの魚貝類に変えたり、周りにまぶした.あられ粉も、ごま、湯葉、みじん粉、パン粉などで代用することもできます。ドライトマトは、酸味より甘みがあるので、和の食材としても使いやすいと思いました。あんはトマみそに白みそを加えています。白みそは、洋食でいうところのバターのように、味をまろやかにするので、より優しいトマみそあんに仕上がりました。

【提供価格】2,500円 【原価】800円
和食の神髄「蒸しもの」とトマトの相性の良さを証明する一品。贅沢にも三種類揃えた芋あんの中からは、合鴨ミンチとドライトマトが顔を出します。トマトの赤が食欲を引き立て、凝縮されたトマトの旨味が合鴨ミンチを一層おいしく引き立てています。トマトみそベースのくず餡との相性も◎。一度油で表面をカラッと揚げたあと、蒸すという二段階の手間をかけることで、余分な油が落ちるだけでなく、もちもち感もアップさせます。

[ 協力:カゴメ株式会社 ]

材料(4人分)

ユリ根じゃが芋つくね芋
各50g
ドライトマト
適量
合鴨ミンチ
100g
あられ粉
適量
白ネギ
適量
白みそ
20g
トマみそ(ディップソース)
20g
だし汁
180cc
水溶き葛粉
適量
かもじねぎ
適量

作り方

  • 1.ユリ根、じゃがいも、つくね芋は皮をむいて蒸し、裏ごして合わせ35グラムに分ける
  • 2.ドライトマトをもどし、合鴨ミンチと合わせて酒、みりん、しょうゆで炒り煮にする。
  • 3.1で2を包んで、丸く成形する。
  • 4.あられ粉をまぶし付ける(あられ粉=素焼のかきもちをすりこぎで割る)。
  • 5.180℃の油で揚げ、表面をカリッとさせる。
  • 6.だし汁に白みそ、トマみそを入れて温め、水溶き葛粉でとろみをつける。
  • 7.5を蒸し上げて器に盛る。6のあんをかけ、かもじねぎ(白ネギを針のように細く切って水にさらす)を盛る。

主な関連商品

  • カゴメ トマみそ(ディップソース)