この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

中国風牡蠣の土鍋ご飯

津島 弘樹
中国料理 香旬
オーナーシェフ
店舗紹介

シェフのコメント

中華風の“ちまき”を、土鍋ご飯にアレンジしてみました。ちまきを作る際は、蒸したもち米にエシャロット油などを加えて蒸してコクやツヤを出しますが、今回はニンニク油、ネギ油の香りを加えました。具材の牡蠣に合わせて、オイスターソースも加えることで、奥行きのある味わいに仕立てました。炊き込みご飯のベースには、あごだしを。ナチュラルな旨みがあるので、色々な使い方が広がりそうです。

【提供価格:1,500円】 【原価:460円】
カキ、ゴボウ、ダイコンといった食材の旨みがじんわりと感じられる土鍋ご飯は、シメの一品にぴったり。白米ともち米を7:3の割合で合わせ、あごだしやオイスターソース、ニンニク油、ネギ油などを加え、具材と共に炊き上げます。だしや香味油の風味が浸透し、深みのある味わいに。ご飯にもツヤがでます。

※提供価格は、あくまでも目安として伺ったものです。

[ 協力:ユウキ食品株式会社 ]

材料(2人分)

米(白米7:もち米3の割合)
1合
牡蠣
5粒
ゴボウ(ささがき)
20g
ダイコン(細切り)
50g
キヌサヤ(油と塩を入れた湯で下ゆで)
5枚
針生姜
5g
化学調味料無添加のあごだし
小さじ1.5
小さじ1/4
化学調味料無添加オイスターソース
大さじ1
醤油
小さじ1
みりん
大さじ1
日本酒
大さじ1
ニンニク油
小さじ1
ネギ油
小さじ1
ごま油
小さじ1/2
白コショウ
少々

作り方

  • 1.米をといでザルにあける。
  • 2.米と同量のぬるま湯(分量外)にあごだしを溶かし、他の調味料もすべて加える。
  • 3.1の米を土鍋に入れ、2とゴボウ、ダイコン、針生姜を加えて30分おく。
  • 4.3を火にかけ、弱火~中火で4分ほど加熱したら蓋をあけて牡蠣を入れ、再び蓋をして今度は強火で7~8分炊く。
  • 5.4の火を止めて、そのまま10分間蒸らす。仕上げにキヌサヤを散らす。