この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

2つの食感が楽しめるベトナム風クロケット

鈴木珠美
kitchen
オーナーシェフ
店舗紹介

シェフのコメント

ベトナムのクロケットは、フランスの植民地時代、フランス料理のクロケットを真似して作ったと言われており、ライスペーパーでシーフードのマヨネーズ和えを包んで揚げるのがポピュラーな作り方。サクサクっとしたパン粉の衣には、もっちりとして弾力のあるライスペーパーがよく合います。今回使用した「ライスペーパー」は、タピオカ澱粉が入っているので、クロケットにぴったり。中の具は、魚介のマヨネーズ和えやツナマヨネーズ和えなど、アレンジ可能です。

【提供価格:180円/個】【原価:60円/個】
男爵芋やコーン、クリームチーズやマヨネーズを合わせてポテトサラダ風に仕上げ、ライスペーパーで巻いてからパン粉をつけて揚げたベトナム風クロケット。サクッ、もちっとした食感の衣に、ブラックペパーをアクセントにきかせたポテトサラダ風の具が絶妙にマッチ。中の具材にはしっかりと下味がついており、何もつけずに食べられる味わいなので、お酒のおつまみにも最適です。

※提供価格は、参考までにお伺いしたものです

[ 協力:ユウキ食品株式会社 ]

材料(10個分)

ジャガイモ(男爵芋)
正味250g
クリームチーズ
100g
マヨネーズ
50g
MCブラックペパー あらびき
小さじ1/4
小さじ1/2
パクチー
20g
コーン(缶)
50g
ライスペーパー
10枚
小麦粉
適量
1個
パン粉
適量

作り方

  • 1.ジャガイモは皮をむいてひと口大に切り、鍋に入れて水から茹でる。やわらかくなったら取り出して水気を切り、鍋に戻して粉ふき芋にする。木べらでつぶし、なめらかにする。
  • 2.1の粗熱が取れたら、クリームチーズ、マヨネーズ、ブラックペパー、塩を加えてよく混ぜる。みじん切りにしたパクチー、コーンを加えて混ぜ合わせる。
  • 3.ライスペーパーを水にくぐらせてまな板(※)に置き、2の具を10等分してのせる(ライスペーパー1枚につき、具40gが目安)。生春巻きの要領で具を包み、小麦粉、卵、パン粉の順に衣付けする。
  • 4.170℃の油でこんがりと色づくまで揚げる。

    ※木のまな板であれば湿らせる。プラスチックのまな板なら、固く絞ったぬれ布巾を敷く。