デザート感覚で食べるサングリア

葛西慎太郎
バル デ エスパーニャ ムイ
料理長
店舗紹介

シェフのコメント

「コーディアルラズベリー&ローズ」は、ラズベリーの甘みにほのかにバラの香りがついているので、とても上品なグラニテになりました。赤ワインにフルーツを浸け込んで作る一般的なサングリアでは、浸けたフルーツは苦味が出てしまい食べても美味しくありませんが、このレシピではフルーツを浸けずに作るので、デザートとして楽しめます。スパークリングワインをサイダーやジュースに変えれば、お子様やアルコールが苦手な人も召し上がれますし、季節ごとにフルーツを変えてもいいでしょう。

【提供価格:800円】 【原価:200円】
上品な香りの「コーディアルラズベリー&ローズ」とスパークリングワインでグラニテを作り、フレッシュなフルーツとともにグラスに盛り付け、デザートとして食べられるサングリアを考案しました。甘酸っぱいベリーや華やかなローズの風味と、スパークリングワインの高貴な香り、フルーツの甘みや酸味が調和し、大人の味わいが楽しめます。

※提供価格は、参考までにお伺いしたものです

[ 協力:ユウキ食品株式会社 ]

材料(1人分)

コーディアルラズベリー&ローズ
20g
スパークリングワイン
100g
ガムシロップ
5g
イチゴ
1個
キウイ
1/8個
1/8個
リンゴ
1/10個
ミント
適量
エディブルフラワー
適量

作り方

  • 1.コーディアルラズベリー&ローズ、スパークリングワイン、ガムシロップを混ぜ合わせ、容器に入れて冷凍庫で冷やす。固まってきたらフォークなどで混ぜ、再び冷凍庫に入れて冷やす。これを数回繰り返し、グラニテを作る。
  • 2.イチゴ、キウイ、柿、リンゴは食べやすい大きさに切る。
  • 3.キンキンに冷やしたグラスに1を盛り付け、2を飾る。ミントやエディブルフラワーをあしらう。