白イカのソテー フレンチドレッシングを使ったサルサベルデ

伊沢浩久
アンビグラム
オーナーシェフ
店舗紹介

シェフのコメント

イタリアンパセリをベースに作る「サルサベルデ」は、ピエモンテ州の郷土料理である「ボッリートミスト(肉の煮込み)」に付け合わせる定番ソースのひとつ。イタリアンパセリのさわやかな風味で、お肉をさっぱりと味わうソースです。「MCフレンチドレッシング」には、このソースに必要なオイルやビネガーが含まれており、バランスのよい味に仕上がっているので、簡単に味を決めることができます。今回は、夏が旬の白イカに合わせましたが、肉でも魚でも相性のよいソースです。

【提供価格:1,800円】【原価:600円】
レアに焼き上げた白イカのソテーに、鮮やかなグリーンのソース「サルサベルデ」と、夏野菜の付け合わせを取り合わせました。「サルサベルデ」は、「MCフレンチドレッシング」をベースに、酸味のきいたさわやかな味わいに。白イカは、胴の表と裏で角度を変えて格子状に切込みを入れるひと手間をかけ、やわらかく噛みきりやすい食感に仕上げています。

※提供価格は、参考までにお伺いしたものです

[ 協力:ユウキ食品株式会社 ]

材料(6人分)

白イカ
3はい
少々
サラダ油
適量
▼付け合わせ
赤パプリカ
1個
黄パプリカ
1個
ナス
1本
ズッキーニ
1本
ニンニク
2かけ
オリーブオイル
適量
適量
▼サルサベルデ
イタリアンパセリ
45g
茹で玉子の黄身
10g
ニンニク
0.5g
MCフレンチドレッシング
65g
パン(乾燥させたもの)
6g
マスタード
5g

作り方

  • 1.白イカは、掃除して皮をむき、足は塩もみして流水で洗う。胴は表裏の両面に格子状に切り込みを入れ、サラダ油を熱したフライパンでソテーする。
  • 2.付け合わせを作る。赤パプリカ、黄パプリカ、ナス、ズッキーニはそれぞれ5mm角に切る。野菜1種類につきニンニク1/2かけをオリーブオイルで炒めて香りを出し、それぞれの野菜を別々に炒めてから、最後に合わせて塩で味をととのえる。
  • 3.サルサベルデを作る。イタリアンパセリ、茹で玉子の黄身、ニンニク、MCフレンチドレッシング、水で戻してやわらかくしたパン、マスタードをミキサーに入れてまわす。
  • 4.器に2をセルクルで抜いて盛り、手前に1を盛り付け、3を添える。