この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

豚バラ肉とリンゴの洋風オイスター丼

秋元さくら
モルソー
オーナーシェフ
店舗紹介

シェフのコメント

「化学調味料無添加のオイスターソース(国産カキエキス使用)」は生臭さがなく、酸味を生かすためにも加熱せずに使ったのがポイントです。豚バラ肉の甘み、リンゴの甘みと酸味、オイスターソースの独特のコクが相まってごはんに合うので、豪快に丼で食べていただきたいです。鶏で代用するなら脂があるモモ肉、牛で代用するならバラ肉を使ってみてください。

【提供価格:800円】 【原価:100円】
時間がないけどスタミナをつけたいときに最適な丼料理です。メインの具材に選んだ豚バラ肉の脂の甘みをリンゴの酸味でさっぱりとさせ、「化学調味料無添加のオイスターソース(国産カキエキス使用)」で味に深みをプラスしています。エリンギを加えるとボリュームアップし、食べ応え十分。野菜もたっぷり摂りたいときは、残ったソースをサラダにかけてもOKです。

[ 協力:ユウキ食品株式会社 ]

材料(4人分)

豚バラ肉
300g
エリンギ
1パック
リンゴ
1/4個
ベビーリーフ
適量
ごはん
4杯
▼A
化学調味料無添加のオイスターソース(国産カキエキス使用)
大さじ1
白ワインビネガー
大さじ1/2
サラダ油
大さじ3
適量
白コショウ
適量

作り方

  • 1. 豚バラ肉3cm幅、エリンギは2cmに乱切り、リンゴは皮付きのままいちょう切りにする(リンゴは一部サラダ用に短冊切りにする)。豚バラ肉に塩コショウで下味をつける。
  • 2.ボウルにAを入れしっかり混ぜ合わせる
  • 3.フライパンにサラダ油を敷き、豚肉を広げ加熱し、肉の色が変わったところで余分な脂をペーパーでふき取る。エリンギ、リンゴを加え塩コショウで味をととのえる。2のソースを半量加え混ぜ合わせる。
  • 4.ごはんの上に3とサラダをのせ、残りのソースをかける。