この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

ズワイガニとレタスのテリーヌ

秋元さくら
モルソー
オーナーシェフ
店舗紹介

シェフのコメント

「化学調味料無添加のガラスープ」は、顆粒タイプで手軽なのに鶏のだしの味がしっかりと出せる超優秀選手。バランスのとれた味なのであらゆる食材と合わせやすく、具材よりだしを主役にするというのもオススメです。化学調味料無添加でバランスのとれた味だからこそ、たっぷりとだしをいただくテリーヌでも後味はうま味だけという、贅沢な仕上がりになっていると思います。冬瓜や大根などに、だしをしみこませていただくのもおいしいですよ。

【提供価格:1,200円】 【原価:240円】
涼しげな見た目が夏の冷菜の定番といえるテリーヌ。あっさりと軽く仕上げたくても、だしがしっかり効いていないと全然おいしくありません。かといってコンソメやブイヨンを作るのは大変なので、風味豊かな「化学調味料無添加のガラスープ」を使って手軽なレシピを考えました。ガラスープと魚介は、合わせるとお互いの味を引き立てるのでテリーヌの具はズワイガニが主役。トマトのさわやかな酸味とレタスのシャキシャキ感もおいしさに一役かっています。

[ 協力:ユウキ食品株式会社 ]

材料(4人分)

▼A
400cc
化学調味料無添加のガラスープ
8g
醤油
大さじ1/2
板ゼラチン
16g
ズワイガニフレーク
100g
レタス
8枚
トマト
2個
ベビーリーフ
適量
スプラウト
適量
花穂
適量
適量

作り方

  • 1. Aを沸かし、塩で味をととのえる。
  • 2.1の鍋の中でレタスをさっと茹でる。レタスを取り出し粗熱をとる。取り出した後、ふやかした板ゼラチンを鍋に加え、火を消し粗熱をとる。
  • 3.トマトはくし切りにし、中の種を取り除く。
  • 4.テリーヌ型にラップをしき、粗熱のとれたレタスを外側に張り付ける。2のだしを1/4加え、ズワイガニフレークを入れる。再び、だしを1/4加え、残りのレタスを敷き詰める。また1/4の出汁を加え、トマトを並べたら型のまわりにはみだしたレタスで包み込み、残りの出汁を上からかける。
  • 5.外側のラップで丁寧に包み込み、上から重しをし冷蔵庫で冷やし固める。