ハーブのサラダと2種のセルヴェルドカニュ

秋元さくら
モルソー
オーナーシェフ
店舗紹介

シェフのコメント

舌の上でなめらかに溶けるクリームチーズとの食べ合わせで、コクのある「きわだつ芳醇」の余韻をゆっくり楽しめる料理を考えました。セルベルドカニュとは、リヨンの郷土料理のひとつで、フレッシュチーズのポピュラーな食べ方。現地ではフロマージュブランを使うのが一般的ですが、手に入りやすいクリームチーズやマスカルポーネチーズ、リコッタチーズなどでもおいしく作れます。お好みのハーブやドライフルーツ、ナッツを使ってアレンジも可能です。

クリームタイプのチーズをカリカリに焼いたパンにのせ、手でつまんで食べられるアミューズや前菜にぴったりの料理に仕立てました。半量にはハーブやニンニクを加え、もう半量にはドライフルーツやハチミツを加え、一皿で二つの味わいを楽しめるようにしています。木の板に盛りつけてベビーリーフのサラダを添えれば、見た目もおしゃれな一皿に。

[ 協力:株式会社 明治 ]

材料(2人分)

クリームチーズ
100g
牛乳
50cc
レーズン
大さじ1
ドライイチジク
2個
クルミ
4個
ハチミツ
適量
パセリ
小さじ1
セルフィーユやディルなどのハーブ
小さじ1
レモン果汁
小さじ1
適量
黒コショウ
適量
オリーブオイル
小さじ1
メルバトースト
6枚
ベビーリーフ
適量

作り方

  • 1.クリームチーズは室温に置いてやわらかくし、ボウルに入れる。牛乳を少しずつ加えて好みのやわらかさにし、2等分する。
  • 2.レーズンとドライイチジクはぬるま湯に5分ほど浸けてやわらかくし、みじん切りにする。クルミも細かくきざむ。
  • 3.1の半量に、2を加えて混ぜ合わせる。好みでハチミツを加える。
  • 4.1の残りの半量に、ニンニクのすりおろし、みじん切りにしたパセリとハーブを加えて混ぜ合わせる。最後にレモン果汁、塩、黒コショウ、オリーブオイルを加えて味をととのえる。
  • 5.メルバトーストに、3と4をそれぞれスプーンでクネル状にすくってのせる。ベビーリーフを盛った皿に盛りつける。