鶏ムネ肉と彩り野菜のエチュベ

秋元さくら
モルソー
オーナーシェフ
店舗紹介

シェフのコメント

「きわだつ芳醇」と一緒に食べることで腸内環境を整えられるような、野菜をたっぷり使った女性に嬉しい食べ合わせを考えました。「エチュベ」とは、フランス料理で「素材のもつ水分や、少量の水で蒸し焼きにすること」を意味します。油を使わずに蒸すのでカロリーを抑えられ、素材本来の味を楽しめます。やさしい味の料理なので、コクのある「きわだつ芳醇」との味の相性もぴったりです。

低脂肪の鶏ムネ肉と、食物繊維が豊富なゴボウや、ビタミンやミネラルを含むブロッコリーなどを蒸し、栄養をまるごと摂取できるヘルシーな料理に仕立てました。顆粒のコンソメと塩のみで味付けし、素材そのものの味を生かす仕立てに。ツナとマヨネーズ、醤油などで作るコクのあるソースを添え、お好みでつけていただきます。

[ 協力:株式会社 明治 ]

材料(2人分)

鶏ムネ肉
1枚
適量
黒コショウ 
適量
酒  
50cc
パプリカ 
1/2個
ブロッコリー 
1/2株
ゴボウ 
1/2本
カブ
2個
100cc
コンソメ顆粒
小さじ1
A
ツナ
大さじ2
オリーブオイル
大さじ1
醤油
大さじ1/2
マヨネーズ
大さじ2

作り方

  • 1.鶏ムネ肉は塩、黒コショウで下味をつけ、耐熱容器に酒と一緒に入れ、ふわっとラップをかける。電子レンジ(600W)で3分加熱する。
  • 2.パプリカは短冊切りにし、ブロッコリーはふさに分ける。ゴボウは縦半分に切って6cmの長さに切る。カブは皮をむき、4つのくし切りにする
  • 3.鍋に水とコンソメを入れ、2の野菜を並べて塩をふる。野菜の上に1の鶏ムネ肉をのせ、弱火にかける。わいたらフタをして5分蒸す。
  • 4.ボウルにAの材料を入れて混ぜ合わせる。
  • 5.3を器に盛り、4を別皿で添える。