豚の西京焼き セロリおろし

笠原将弘
日本料理 賛否両論
マスター
店舗紹介

シェフのコメント

「きわだつ芳醇」を飲んだ時に、ヨーグルトとセロリの食べ合わせが思い浮かび、ダイコンおろしとセロリを組み合わせてさっぱりとした味わいの肉料理を考えました。また、味噌はヨーグルトと同じ発酵食品で栄養価が高く、味わいの相性もよいと思います。焼いた味噌のこうばしい香りが、「きわだつ芳醇」のコクのある味わいとマッチ。後味をさっぱりとさせてくれます。

ダイコンおろしに細かく切ったセロリを加え、セロリのシャキシャキとした食感と爽やかな香りとともに、コクのある豚の西京焼きを味わう一品。豚肉は、両面に焼き色を付けて焼き、アルミホイルで包んで余熱で火を通すことでしっとりやわらかい食感に仕上げます。隠し味にダイコンおろしに加えた黒コショウと豚肉の相性のよく、ピリッと味を引き締めます。

[ 協力:株式会社 明治 ]

材料(2人分)

▼味噌床
味噌
100g
40cc
砂糖
40cc
豚ロース肉(ソテー用)
2枚
ダイコン
100g
少々
砂糖
少々
黒コショウ
少々
セロリ
50g
サラダ油
大さじ1
レモン
1/2個
大葉
2枚

作り方

  • 1.味噌床の材料を混ぜ合わせ、筋切りした豚肉を入れて一晩浸け込む。
  • 2.ダイコンはすりおろして軽く水気を切り、塩、砂糖、黒コショウを加えて混ぜる。セロリを薄切りにして加え、混ぜる。
  • 3.1の味噌を拭きとり、サラダ油をひいたフライパンに並べ、中火にかける。焦がさないように両面を焼き、アルミホイルに包んで少し休ませる。
  • 4.器に大葉を敷き、3をひと口大に切って盛りつける。2のセロリおろし、カットしたレモンを添える。