湘南ゴールドのロールケーキ

鎧塚俊彦
ToshiYoroizuka TOKYO
オーナーシェフ
店舗紹介

シェフのコメント

柑橘類とヨーグルトの相性がよいことから、たっぷりの生クリームと湘南ゴールドのロールケーキを考えました。「きわだつ芳醇」は自然な甘みがあるので、ロールケーキは甘さ控えめにし、乳本来の甘みやコクのある味わいを感じられるようにしました。ロールケーキをふんわりと仕上げるコツは、粉を加えたあとに生地を混ぜ過ぎないことと、天板に素早く流し入れること。低温のオーブンですと焼くのに時間がかかり、水分が飛んでぱさついてしまうので、少し高めの温度で短時間で焼き上げます。

さわやかな酸味の湘南ゴールドのと、甘さを抑えた生クリームをたっぷりと巻いたロールケーキ。ふわふわの生地は卵のコクを感じられ、しっとりとした口溶けのよさが魅力。なめらかな生クリームやフレッシュな湘南ゴールドの香りのハーモニーが楽しめます。湘南ゴールド以外に、八朔やデコポンなどの柑橘類や、ブドウ、モモなど色々なフルーツでアレンジできます。

[ 協力:株式会社 明治 ]

材料(1本分)

▼生地(280×240mmの天板1台分)
全卵
180g
グラニュー糖
50g
ハチミツ
10g
薄力粉
50g
無塩バター
20g
▼クリーム
生クリーム(乳脂肪分42%)
300g
グラニュー糖
21g
バニラエッセンス
適量
湘南ゴールド(皮と種をのぞいたもの)
150g

作り方

  • 1.生地を作る。ボウルに全卵とグラニュー糖、ハチミツを入れ、湯煎で人肌に温めてから泡立て器またはハンドミキサーでもったりとするまで泡立てる(ホイッパーで生地をすくい、8の字を描けるくらいが目安)。
  • 2.薄力粉を1のボウルにふるいながら加え、ゴムベラで粉がなじむまで混ぜる。
  • 3.溶かしたバター、生クリームを2に加え、さっくりと混ぜ合わせる。
  • 4.敷き紙を敷いた天板に流し入れ、予熱しておいた190℃のオーブンで12分焼く。オーブンシートごと型からはずし、更紙をかぶせて冷ます。
  • 5.生クリーム2種類とグラニュー糖をボウルに入れ、バニラエッセンスを数滴振り入れる。泡立て器またはハンドミキサーでツノが立つまでしっかりと泡立てる。 
  • 6.4の敷き紙をはがし、焼き色がついた面を上にして更紙の上に置く。5の生クリームをぬり、湘南ゴールドを3列に並べる。
  • 7.更紙ごと巻き、テープで止めて冷蔵庫で30分ほど冷やしてから切り分ける。