この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

ポワローのアグロドルチェ

川邊 亮祐
il tram
オーナーシェフ
店舗紹介

シェフのコメント

甘酸っぱい味付けには、煮込むと甘みの増すポワローがベストですが、長ネギやタマネギを代用してもよいでしょう。時間に余裕があるときは、煮込んだ後に一晩寝かせたほうが味がポワローになじみ、冷たくてもだしのコクが強く感じられるようになります。

【提供価格:750円】 【原価:250円】
「化学調味料無添加のガラスープ」は、万能だしと言ってもいいかもしれません。くどさがないのであらゆる食材と合わせやすいのですが、だしと一緒に煮込むとさらにおいしくなる野菜、ポワローと組み合わせました。イタリア料理では、甘酸っぱい味付けのことをアグロドルチェといいます。白ワインヴィネガーとはちみつを加えることで、イタリアの子供たちにも親しまれている伝統的な”アグロドルチェ味“にしました。仕上げにふりかけた「化学調味料無添加のガラスープ」のサクサクの食感も、新鮮な驚きをもたらせてくれると思います。

[ 協力:ユウキ食品株式会社 ]

材料(2人分)

ポワロー(3〜4cmに切る)
1/2本
▼スープ
化学調味料無添加のガラスープ
小さじ1
約200cc
ブラックペパー(ホウル)
3粒
ビンクペッパー
3粒
ベイリーブス(ローリエ)・ホウル
1枚
はちみつ
10g
白ワインヴィネガー
10cc
塩、ブラックペパー
少々
EX.Vオリーブオイル
適量

作り方

  • 1.小さめの鍋にポワローを立てて並べ、ポワローが隠れるくらいの高さまで水(約200cc)をはり、スープの材料を全て入れて30分ほど弱火で煮込む。
  • 2.粗熱を取って容器に移し、3時間くらい冷蔵庫で休ませる。
  • 3.2を器に盛り、仕上げに化学調味料無添加のガラスープ(分量外)とピンクペッパー(分量外)をパラパラとふりかけ、ベイリーブス(分量外)をかざる。