この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

フルーツトマト赤酢ジュレ

松下和昌
ENGINE
オーナーシェフ
店舗紹介

シェフのコメント

キムチチゲなどに使いやすそうな牛だしベースの「化学調味料無添加の韓国だし」ですが、今回は牛肉と相性のよいトマトを組み合わせました。「化学調味料無添加の韓国だし」は単にトマトの調味料として使うだけでなく、ジュレにすることでだしそのものを味わえる料理に仕立てました。ジュレには赤酢を用いて、見た目の美しさも意識しました。薬味を敷いた上に牛肉のたたきとともに盛り付け、ジュレをソース代わりに用いたり、下味をつけたカッペリーニと組み合わせて冷やし中華風などにアレンジしても良いと思います。

【提供価格:750円】【原価:250円】
甘みの濃厚なフルーツトマトに、「化学調味料無添加の韓国だし」をベースにみりんや赤酢を加えた地をふくませ、さっぱりとした冷菜に仕立てました。フルーツトマトを浸けた地はゼラチンで固めてジュレにし、まわりにあしらうことで見た目の清涼感を高めるとともに、トマトと一緒に味わうことでより深みのある味を楽しめるようにしています。

※提供価格は、参考までにお伺いしたものです

[ 協力:ユウキ食品株式会社 ]

材料(3人分)

フルーツトマト
3個
みりん
60cc
赤酢
30cc
化学調味料無添加の韓国だし
10g
165cc
ユズ
1個
板ゼラチン
4g

作り方

  • 1.フルーツトマトを湯むきし、みりん、赤酢、化学調味料無添加の韓国だし、水を合わせた鍋に入れる。中火にかけ、沸いたら弱火にして3分煮る。仕上げにユズの果汁を絞り入れる。
  • 2.1のフルーツトマトを取り出し、もどした板ゼラチンを加えて混ぜ、容器に流してそのまま冷ます。
  • 3.器に2のフルーツトマトを盛り、まわりに2のジュレをあしらう。仕上げにユズの皮をふりかける。