この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

アシュレ風みつ豆

村田明彦
鈴なり
オーナーシェフ
店舗紹介

シェフのコメント

トルコの伝統的なデザートであるアシュレと、みつ豆のイメージを重ねてみました。アシュレは、小麦や米、豆、ナッツ、ドライフルーツを甘く煮込んであるので、日本のお汁粉に近いですね。みつ豆にもドライフルーツが載っているので、マッチするだろうなと考えました。さいの目に切った寒天のうえに掛けるアシュレには、ささげ豆を入れて日本的なあずき色をつけています。アプリコットやレーズン、いちじくのドライフルーツの甘さに、さらに砂糖も加えていますが、ほどよい甘さに抑えたほうが良いでしょう。アイスクリーム以外にも、白玉を載せてみるのも良いですね。

【提供価格:300円】 【原価:78円(1人分、トルコ食材原価含まず)】
トルコで最も古くからある伝統的なデザート「アシュレ」 。
〆めのデザートとして、トルコのソールフードを和食のみつ豆にアレンジしました。

[ 協力:Aegean Exporters Associations ]

材料(15人分)

【寒天(15×15×1.6(H)の流し缶1台分(約15人分)】
棒寒天
9g
500cc
【アシュレ(15人分)】
100g
ささげ
18g
400cc
ドライイチジク
55g
ドライアプリコット
55g
干しぶどう
50g
15g
グラニュー糖
100g
800cc
【トッピング(1人分)】
バニラアイス
30g
ヘーゼルナッツ
2個
ミント
1g

作り方

  • 1.寒天を作る。鍋に棒寒天と水を入れて火にかけ煮て、固まりが溶けて透明になったら型に流して冷やし固め、
  • 2.1.5cm角に切る。
  • 3.アシュレを作る。麦、ささげ、水(400cc)を入れて火にかけ、沸騰したら弱火で約10分煮て火からおろし、一晩置く。
  • 4.小さめに刻んだドライイチジクとドライアプリコット、干しぶどう、米、グラニュー糖、水(800cc)を加えて再び火にかけ、
  • 5.弱火で約20~25分煮込み、火からおろして冷やす。
  • 6.器に寒天を盛ってアシュレをかけ、バニラアイスをのせて、刻んだヘーゼルナッツとミントを飾る。