この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

白身魚の揚げ団子とキンピラ野菜の南蛮

村田明彦
鈴なり
オーナーシェフ
店舗紹介

シェフのコメント

揚げた小魚ときざんだ野菜を甘酢に浸けた「にんぴ漬け」という和食の伝統料理から発想し、白身団子とキンピラの組合せにアレンジ。「トマトケチャップ」を使った甘辛い味付けで、子どもも食べやすいおかずに仕上げました。「トマトケチャップ」は加熱することで酸味が立ち、さらに香辛料も入っているので、手軽に南蛮漬けのような甘酢風味を出すことができます。にんじんやごぼうは素揚げし、ズッキーニとたまねぎは生のまま加えることで食感にメリハリをつけ、子どもがよく噛んで食べられるようにしました。揚げ団子は、茹でてから揚げることで火の通りがよくなり、コシのある食感に。市販の揚げ団子で代用も可能です。

【提供価格:630円】 【原価:210円】
白身魚の揚げ団子とキンピラ風の野菜を甘辛い南蛮風の味付けで仕上げたご飯がすすむおかずです。しょうゆ、砂糖にケチャップを加え、子どもも好きな味わいに。「トマトケチャップ」が持つ酸味、スパイスを生かすことで、酢や唐辛子を使わなくても手間なく南蛮風の味付けができます。シャキシャキとした歯ざわりの野菜や、プリッとした歯ごたえの揚げ団子など、ひと口ごとに多彩な食感が味わえます。

※提供価格は、参考までにお伺いしたものです

[ 協力:カゴメ株式会社 ]

材料(4人分)

▼白身魚の揚げ団子
すり身
400g
卵白
1個
昆布だし
36cc
片栗粉
10g
ごぼう
100g
にんじん
50g
れんこん
40g
ズッキーニ
60g
たまねぎ
60g
▼煮汁
トマトケチャップ
大さじ3
大さじ3
濃口しょうゆ
大さじ2
砂糖
15g
白ごま
適量

作り方

  • 1.白身魚の揚げ団子を作る。あたり鉢に揚げ団子の材料を入れ、なめらかになるまですり混ぜる。ひと口大に丸め、熱湯に落としてボイルしてから、180℃の油で揚げる。
  • 2.ごぼうとにんじんは細切り、れんこんは輪切りにし、170℃の油で素揚げする。
  • 3.ズッキーニとたまねぎは細切りにする。
  • 4.鍋に煮汁の材料を入れて中火にかける。ひと煮立ちしたら、1、2、3を加え、和える。
  • 5.仕上げに白ごまを適量振りかける。

主な関連商品

  • カゴメ トマトケチャップ特級