この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

ドライトマトのひろうす あおさあん掛け

村田明彦
鈴なり
オーナーシェフ
店舗紹介

シェフのコメント

代表的な精進料理の一つである、やさしい味わいの飛竜頭を主役にした料理です。飛龍頭は中に混ぜ込む具材で様々なアレンジが可能ですが、今回は植物性の素材だけで構成し、ヘルシー感をアップ。ドライトマトで旨みと酸味を加えることで、あっさりとしながらもメリハリのある味わいに仕上げました。さらに、一般的には揚げて作りところを、今回はフライパンで焼くことでさらにヘルシーに仕上げています。

【提供価格:900円】 【原価:300円】
豆腐や大和芋をすり混ぜて作る飛龍頭に、彩り鮮やかなアオサ海苔のあんを組み合わせたヘルシーな1品。ふっくらとした食感の飛龍頭に、ゴボウやキクラゲの食感をアクセントにきかせ、さらにドライトマトの凝縮した旨みでコクを与えました。アオサ海苔を加えた香り豊かなあんがとろりと絡み、さっぱりとしながらも旨みたっぷりの味わいが楽しめます。

※提供価格は、参考までにお伺いしたものです

[ 協力:JA全農みやぎ ]

材料(4人分)

木綿豆腐
1丁(400g)
シメジ
30g
銀杏
16粒
キクラゲ
15g
ニンジン(細切り)
20g
ゴボウ(ささがき)
20g
1個
大和芋
15g
ドライトマト(オイル漬)
30g
だし
適量
ひとつまみ
サラダ油
適量
▼あおさあん
だし
540cc
淡口醤油
18cc
みりん
36cc
36cc
少々
水溶き葛粉
大さじ4
アオサ海苔
大さじ1
ワサビ
適量

作り方

  • 1.豆腐は1時間ほど水切りする(水切り後、350gを使用する)
  • 2.シメジ、銀杏、キクラゲ、ニンジン、ゴボウを鍋に入れ、ひたひたのだし、塩ひとつまみを加えて火にかける。ひと煮立ちさせ、冷ます。
  • 3.卵は溶いてフライパンに流し、ヘラでかき混ぜてやわらかめの炒り卵にする。
  • 4.あたり鉢に大和芋を入れてすり混ぜ、3を加えてさらにすり混ぜる。なめらかになったら、2、みじん切りにしたドライトマトを加え、ゴムベラで混ぜ合わせる。
  • 5.手にサラダ油(分量外)をつけて丸め、サラダ油を敷いたフライパンで焼く。
  • 6.あおさあんを作る。鍋にだし、淡口醤油、みりん、酒を入れて火にかけ、沸いたらアオサ海苔を加え、塩で味をととのえる。水溶き葛粉でとろみをつける。
  • 7.器に5を盛り、6のあんをかける。お好みでワサビを添える。

主な関連商品

  • ひとめぼれ