アホ・ブランコ(アーモンドとニンニクの冷製スープ)

檀上桂太
ティオ ダンジョウ
オーナーシェフ
店舗紹介

シェフのコメント

「アホ・ブランコ」は、通常水のみでスープに仕立てますが、当店では飲みやすさとコクを出すためにチキンブイヨンを加えています。今回は、その代わりに「減塩ガラスープ」を使いました。「減塩ガラスープ」は、ほどよいコクと深みのある味わいがありながら、塩分は控えめなのでスープのほかパエリアのベースなどにも使いやすいですね。酸味があるスープは、食がすすむはたらきもあるので、ポーションを少なめにしてお通し代わりに提供するのもおすすめです。

【提供価格:800円】 【原価:280円】
“白いガスパチョ”と呼ばれ、スペインでは夏の定番スープとなっている「アホ・ブランコ」。アーモンドとニンニクを水などと一緒にミキサーにかけ、白ワインビネガーでキリッと酸味を効かせた濃厚な味わいが魅力です。今回は、ベースに「減塩ガラスープ」を加えて深いうま味をプラス。仕上げに添えるブドウの甘酸っぱさが、スープの味を引き立てます。

※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。

[ 協力:ユウキ食品株式会社 ]

材料(2人分)

バゲット(白い部分)
20g
牛乳
90㏄
ニンニク
30g
アーモンド(マルコナ種を使用)
30g
少々
減塩ガラスープ
大さじ2
300㏄
白ワインビネガー
15㏄
EXVオリーブオイル
30㏄
適量
ブドウ(巨峰)
適量

作り方

  • 1.バゲットの白い部分を牛乳に浸し、ふやかしておく。
  • 2.ニンニクは電子レンジで加熱し、辛味をとばす。
  • 3.アーモンドは塩をふってから煎りする。
  • 4.「減塩ガラスープ」を湯でとかしておく。
  • 5.1~4の材料と、白ワインビネガー、EXVオリーブオイルをミキサーにかけ、シノワで漉して冷蔵庫で冷やす。
  • 6.5を器に盛り、皮をむいたブドウを添える。