この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

鶏肉のサンファイナ

葛西慎太郎
バル・デ・エスパーニャ ムイ
シェフ
店舗紹介

シェフのコメント

「スーゴ ディ ポモドーロ」は、トマトの甘みと凝縮した味わいが魅力。通常、ソースや煮込みに使う場合は生トマトやホールトマトなどを煮詰めていく時間が必要ですが、「スーゴ ディ ポモドーロ」は完成度が高く、その手間が要らないのがメリット。サンファイナも、生トマトを使うときと比べて調理時間はかなり短縮できます。また、トマトの個体差による味のブレが出ないのもいいですね。今回は、焼いた鶏肉を加えましたが、野菜のみで作って肉料理の付け合わせや、クスクスと合わせてもいいでしょう。冷製、温製、どちらでもおいしいので、夏場は冷たいサラダ感覚で提供するのもおすすめです。

【提供価格:900円】 【原価:180円】
“サンファイナ”は、スペイン・カタルーニャ地方の郷土料理で、フランス料理のラタトゥイユやイタリア料理のカポナータのような、野菜のトマト煮込み。通常は生トマトを使いますが、今回は「スーゴ ディ ポモドーロ」を加えることで、トマトの凝縮したうま味、野菜の甘みを際立たせました。鶏肉も加えて満足度を高めています。

※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。

[ 協力:カゴメ株式会社 ]

材料(5人分)

▼サンファイナ(カタルーニャ風野菜の煮込み)
オリーブオイル
適量
ニンニク(みじん切り)
20g
タマネギ(乱切り)
300g
赤・黄・緑パプリカ(乱切り)
各1個
ズッキーニ(乱切り)
2本
ナス(乱切り)
2本
白ワイン
50㏄
スーゴ ディ ポモドーロ
200g
鶏モモ肉(今回は大山鶏を使用)
250g
塩、コショウ、小麦粉
各適量

作り方

  • 1.鍋にオリーブオイルをひいてニンニクを香りが出るまで炒めたら、タマネギを加えてじっくりと炒める。
  • 2.乱切りにしたパプリカ、ズッキーニ、ナスを加えてさらに炒め、白ワインを入れてアルコール分を飛ばす。
  • 3.鶏モモ肉は、乱切りにして塩、コショウで下味をつけ、小麦粉をまぶし、オリーブオイルをひいたフライパンで焼いておく。
  • 4.2に「スーゴ ディ ポモドーロ」と3の鶏肉を加えて15分ほど煮込み、味を調整する。
  • 5.4を器に盛ってきざんだパセリをふり、バゲットを添える。

主な関連商品

  • カゴメ スーゴディポモドーロ