桃とモッツァレラチーズ アールグレイ風味のみりんがけ

村田 明彦
鈴なり
店主
店舗紹介

シェフのコメント

「三州三河みりん」の自然ですっきりした甘さは、デザートとも好相性。今回は、みりんの風味をさらに引き立てるために相性のよいアールグレイの香りをプラスしてシロップに仕立てました。シロップは、“みたらし風”のまろやかな味わいにしたかったので、仕上げに醤油を少々加えています。フルーツと相性がよいので、桃のほかリンゴのコンポートや洋ナシ、イチジク、ベリー系など、季節ごとの色々なフルーツと合わせてアレンジしてください。

【提供価格:1,200円】 【原価:400円】
桃とモッツァレラチーズを、イタリア料理のトマトとモッツァレラチーズのサラダ“カプレーゼ”のように仕立て、アールグレイで風味づけした「三州三河みりん」のシロップでいただきます。アールグレイの爽やかな柑橘系の香りが、「三州三河みりん」のナチュラルな甘さと溶け合い、桃とモッツァレラチーズのフレッシュ感を引き立てます。ナッツやアイスクリーム、岩塩などを添えて華やかに仕上げました。

※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。

[ 協力:株式会社角谷文治郎商店 ]

材料(1皿分)

▼シロップ(作りやすい分量)
三州三河みりん
180cc
アールグレイ(ティーバッグ)
10g
濃口醤油
2~3滴
1/4個
モッツァレラチーズ
50g
木の実(クルミ、カボチャの種、クコの実)
適量
ブルーベリー(ドライ)
適量
バニラアイスクリーム
適量
ミントの葉
適量
レモン(くし切り)
適量
岩塩
適量

作り方

  • 1.鍋に「三州三河みりん」とアールグレイ(ティーバッグ)を入れて火にかけ、焦がさないように1/2量まで煮詰め、濃口醤油をたらす。火からおろし、氷水をあてて粗熱をとり、冷ましておく。
  • 2.桃は、皮をむいて種を取り、5㎜程度の厚さにスライスする。モッツァレラチーズも同じくらいの厚さにスライスする。
  • 3.皿に、2の桃とモッツァレラチーズを交互に重ねるように盛り付け、木の実、ブルーベリーを散らし、バニラアイスクリーム、レモン、岩塩を添えミントの葉を飾る。
  • 4.3に1のシロップをまわしかける。

主な関連商品