この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

俺は牛丼!

野永 喜三夫
日本橋 ゆかり
三代目
店舗紹介

シェフのコメント

牛肉を煮込むときのだしに、「クノール®ビーフコンソメ」と「ほんだし®かつおだし」を加えました。牛肉には牛肉のだし、鶏肉には鶏のだし、というように素材に合わせただしを使うことで、素材自体の味も引き立ち重層感のあるおいしさが生まれます。野菜は牛肉と相性のよいゴボウを。シンプルですが、後をひくおいしさです。肉は豚肉を使ってもおいしく仕上げられます。

【提供価格:1,500円】 【原価:400円】
定番の牛丼を、「クノール®ビーフコンソメ」と「ほんだし®かつおだし」でより深みのある味わいに仕上げました。具材は牛肉とゴボウのみですが、素材のうま味をだしの風味が引き立て、満足感の高い一品になっています。ランチの丼メニュー、お酒を飲んだ後のシメなど幅広いシーンで提供できます。

※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。

[ 協力:味の素株式会社 ]

材料(2人分)

▼牛丼の具
牛バラ肉(スライス)※切り落としでもOK
200g
ゴボウ
90g
「クノール®ビーフコンソメ」
2g
「ほんだし®かつおだし」
1g
70cc
みりん
50cc
醤油
30cc
砂糖
10g
おろしショウガ
10g
ご飯
400g
紅ショウガ、三つ葉
各適量
温泉玉子
2個

作り方

  • 1.牛肉は3~4㎝長さに切る。ゴボウはささがきにして酢水にさらす。
  • 2.1と、牛丼の具の調味料をすべて鍋に入れ、よく混ぜてから火にかける。沸いたら3~4分煮詰め、味を確認する。甘辛い牛丼の味に仕上がっていればOK。
  • 3.器にご飯を1人分200g盛り、2の具をのせて中央に温泉玉子1個をおとし、紅ショウガ、三つ葉を添える。

主な関連商品

  • 味の素 「クノール® ビーフコンソメ」

  • 味の素 「ほんだし® かつおだし」