この検索機能は、レシピ名・レシピ説明・作り方・シェフ名・レストラン名・協力企業名を対象としています。
ご希望の検索結果が得られない場合、入力欄には、調べたい内容に近い言葉や単語を“出来るだけ短く具体的に”入力して検索してください。
検索のヒント

料理人一覧

RISTORANTE BIFFI TEATRO(ビッフィ テアトロ)
料理長
後藤 祐司
レシピ紹介『生シラスとコチュジャン、ウイキョウのブルスケッタ』
冷たいパスタにのせて食べたり、卵と合わせてオムレツの具にしてもおいしく食べられます。「コチジャン」は塩気や酸味があり、瑞々しい生の食材と相性がよいので、生シラスと合わせてみまし...
▶ 店舗紹介
IL GHIOTTONE
オーナーシェフ
笹島 保弘
レシピ紹介『牛肉とお野菜のチョコレートワイン煮込み』
鴨肉や鹿肉などジビエの料理では、香りやコクを高めるために赤ワインとチョコレートでマリネしたり、煮込む際にビターチョコレートを加えることがあります。今回は、カジュアルレストランや...
▶ 店舗紹介
オステリア ルッカ
オーナーシェフ
桝谷 周一郎
レシピ紹介『米粉入り天ぷら粉のショートパスタ プッタネスカ』
粉を使ったイタリアンと言えば、パンとパスタが定番。米粉を使ったパンはあるのでパスタで考えました。このショートパスタは、練ってつぶして庖丁で切るだけなので、道具も限られとっても簡...
▶ 店舗紹介
セントベーネ
オーナーシェフ
加藤 政行
レシピ紹介『茄子グラタン オイスター風味』
「オイスターソース(国産カキエキス使用)」を味見したときにパッと閃いたのが、ホワイトソースとの組合せでした。ぼんやりしがちなホワイトソースの味を引き締め、コクのある味わいに仕上...
▶ 店舗紹介
オステリア ルッカ
オーナーシェフ
桝谷 周一郎
レシピ紹介『鶏のプッタネスカ』
鶏のグリルは、コースのメイン料理としてもお出ししている店の看板メニューの一つ。今回は、パスタの定番「プッタネスカ」のソースをかけてアレンジしました。プッタネスカは、一般的にはア...
▶ 店舗紹介
アンビグラム
オーナーシェフ
伊沢浩久
レシピ紹介『枝豆とボッタルガの冷製パスタ』
「MCフレンチドレッシング」の酸味のある香りと、オイルベースのシンプルな味わいは、さっぱりとした冷製パスタにぴったりだと感じました。エシャロットやシブレットの香味と、レモンの酸...
▶ 店舗紹介
グランドエクシブ浜名湖
主任
渡辺慎也
レシピ紹介『クリームチーズのムースとオーストラリア産マチェドニア
Stratumオレンジとグレープフルーツのアイスクリーム ~大地の恵み~』
オーストラリアの広大な大地を連想していただけるような、躍動感あふれる一皿です。オーストラリア産マンゴーは残留農薬に対するチェック体制も整っており、良質なマンゴーに仕上がっている...
▶ 店舗紹介
アンビグラム
オーナーシェフ
伊沢浩久
レシピ紹介『鶏胸肉のカツレツ ポテトフライ トマトケチャップのジェラート』
カツレツと「トマトケチャップのジェラート」の組み合わせは、当店のスペシャリテ。ヨーロッパでは、肉、魚料理にポテトフライをたっぷり添えてトマトケチャップで食べる、といったメニュー...
▶ 店舗紹介
リストランテ濱﨑
オーナーシェフ
濱﨑龍一
レシピ紹介『花ズッキーニとエビのリゾット』
イタリア料理でも鶏のだしは一番オーソドックス。オールマイティに色々な料理に使います。「化学調味料無添加のガラスープ」は、これひとつで味を決めることもできますし、うま味のサポート...
▶ 店舗紹介
Passo a Passo(パッソ・ア・パッソ)
オーナーシェフ
有馬邦明
レシピ紹介『ポルペッティ(肉団子のトマト煮)』
「スーゴ ディ ポモドーロ」の、トマトのしっかりした味わいを生かして煮込み料理に仕立てました。肉団子は、合挽き肉を使う方が複雑なうま味を出せるのでおすすめです。ベーコンやサルシッ...
▶ 店舗紹介
osteria sughero(オステリア スゲロ)
オーナーシェフ
佐志原 佑樹
レシピ紹介『チョコレートとバナナを詰めた生春巻きのフリット バニラアイス添え』
パイ生地の代わりに「ライスペーパー」を使って、新たな食感を工夫しました。「ライスペーパー」は、使用直前にさっと水に浸すだけで戻ります。今回はあまりつけ込んでおかない方が、揚げた...
▶ 店舗紹介
リストランテ フリック
オーナーシェフ
深田 景
レシピ紹介『トマトのジュレと水牛のモッツァレラチーズのグラス仕立て』
「トマトコラーゲンジュレ」の商品特性を生かし、少しおしゃれな前菜(突き出し)を考えました。グラスを使用することで仕込みやすく、見た目もきれいに仕上がります。中にホタテ貝や白身魚...
▶ 店舗紹介